体験型新作「HERO HEROINE」をつくばメディアアートフェスティバル2018にて発表

2018年06月18日

茨城県つくば市で開催されるメディアアートフェスティバル「つくばメディアアートフェスティバル2018」に、体験型メディア・アートの新作「HERO HEROINE」を発表します。

どこまでが空想で、どこからが現実か。感覚を拡張するテクノロジーが身近になった昨今、その虚実を見分けるこだわりを手放すことで、私たちは空想と現実が交差するフュージョンを気軽に楽しめるようになりました。

体験型メディア・アート『HERO HEROINE』は、特撮やテレビアニメの手法によって空想と現実をひとつにつなげます。クロマキーカーテンの前で撮影された体験者のポーズや動きは、リアルタイムに合成および加工されて、超越したパワーをそなえた主役として映像のなかに出現します。

映像は、体験後すぐにインターネットで公開されます。本作の特徴は、体験者それぞれが生み出した映像が大きなストーリーを紡ぎ出すところにあります。ヒーロー・ヒロインに必要なのは倒すべく相手。体験者である私が倒す相手は、そのひとつ前の体験者であり、そして私は次の体験者に倒される。善悪が入れ替わる環世界が、Twitterのタイムラインに立ち現れます。

体験による映像生成、インターネットでの映像公開、そしてポージングワークショップなど多様な表現が一体となった本作に、どうぞご期待ください。

HERO HEROINE ウェブサイト
http://hero.grinder-man.com/

HERO HEROINE映像公開先
https://twitter.com/man_grinder(GRINDER-MAN Twitterアカウント)

つくばメディアアートフェスティバル2018

http://www.city.tsukuba.lg.jp/kankobunka/event/1004537.html

日時 2018年7月28日(土)〜2018年8月5日(日)

会場 茨城県つくば美術館
茨城県つくば市吾妻2丁目8 交通アクセス
※開場は午前9時30分から午後5時。入場は閉館の30分前まで。
※休館日:7/30(月)
※初日7/28は午前11時開館、最終日8/5は午後1時閉館

入場 無料

主催=つくば市
共催=筑波大学工学・芸術連携リサーチユニット、公益財団法人つくば文化振興財団、つくば市教育委員会
後援=茨城県

HERO HEROINE ワークショップ参加者募集

体験型作品「HERO HEROINE」をもっと楽しむためのワークショップ。スタジオセットで撮影したオリジナルの変身ポーズが、映像のなかでヒーロー・ヒロインになる。さあ、テレビの向こうへ飛び込もう! 

ワークショップ日時
2018年7月29日(日)
(1)13:00〜
(2)15:00〜
※各回30分前受付開始。1時間程度。

講師 タグチヒトシ、伊豆牧子、天野悠二、幸

会場 アルスホール (茨城県つくば美術館2階)

定員 各回30名(先着順・事前申込制・小学生以上)

参加費 無料

申込期間 [定員に達したため、募集は終了いたしました]
7月1日(日)〜7月14日(土)
※小学生は保護者の方の同伴が必要。別途お申込みください。
※イベントの模様や当日に作成した動画は「つくばメディアアートフェスティバル2018」本展およびインターネット等で公開いたします。

申込方法
氏名・年齢・電話番号・希望時間を明記のうえ、下記メールアドレスまでお申し込みください。
つくば市文化芸術課:

Link

『つくばメディアアートフェスティバル2018』開催 ーつくば市
http://www.city.tsukuba.lg.jp/kankobunka/event/1004537.html

つくばメディアアートフェスティバル2018関連ワークショップ参加者を募集します! ーつくば市
http://www.city.tsukuba.lg.jp/kankobunka/event/1004753.html