たちあがれオンラインの勇士たちよ!体験型メディアアート新作「HERO HEROINE Z」オンライン参加者募集のおしらせ【限定8名】

2020年09月18日

だれでも20秒はヒーロー・ヒロインになれる人気のメディアアート作品「HERO HEROINE」。新バージョン「HERO HEROINE Z」(ヒーロー・ヒロイン・ゼット)の撮影収録にあたり、オンラインでの参加者を募集します。

たちあがれオンラインの勇士たちよ!もえあがれ会場のレッドを助けるために!
アートグループGRINDER-MAN(グラインダーマン)による本作「HERO HEROINE」シリーズは、特撮やアニメのフィクション性によって空想と現実をひとつにつなげます。今回発表する新バージョン「HERO HEROINE Z」では、スーパー戦隊シリーズのシナリオをもとに、リアルな会場にいる1名の体験者とZoomによる4名のオンライン参加者が5人の勇士となって、20秒のAR映像で活躍します。

撮影では、会場から配信される体験者および展示会場の様子をZoomで見ながら、会場の司会者の呼びかけに応じて、他の参加者と共演します。展示会場の体験者(レッド)と、Zoomの参加者(ブルー・グリーン・イエロー・ピンク)の、オフライン・オンライン双方の映像が、深層学習による画像分析によって合成され、リアルタイムでTwitterへアップロードされていきます。
オンラインで別の空間とつながり、そこで出会う人々と協力しあう。次元を超えた想像力を働かせることで、これまでにない感覚が拡張されていくことでしょう。

HERO HEROINE Z ーたちあがれオンラインの勇士たちよ!
イベント日時:2020年9月22日(火・休)19:30〜20:30
対象:年齢20歳以上
人数:8名
参加費:無料
※カメラオン、マイクオフでの参加になります。オンラインで集う一期一会のつながりを楽しみましょう。
※イベントにて生成される20秒の映像は、体験後すぐにTwitter(@HeroHeroineMov)にて公開されます。
※映像は作品記録「HERO HEROINE Z」として発表される予定です。

チケットお申し込みはこちら
https://heroheroin-z.peatix.com/

HERO HEROINEとは?
アートグループGRINDER-MAN(グラインダーマン)による体験型メディアアート作品。体験は約5分。グリーンバックの前で撮影した正義と悪の6カットは、深層学習による画像分析によって合成され、自分自身がヒーロー・ヒロインになっ た20秒の動画が自動で生成されます。その動画は体験後すぐにTwitterへアップロードされ、体験者お互いが戦うタイムラインが正義と悪の環世界をこの瞬間にも作りだしています。2019年に第22回文化庁メディア芸術祭アート部門の推薦作品に選出、昨年10月に台湾でのアートフェスティバルへの参加を皮切りに、徳島4K・VRフェスティバル、そして長崎県美術館へつづいている体験者は、東京で3500人を越えようとしています。
Twitter@HeroHeroineMov https://twitter.com/HeroHeroineMov
HERO HEROINE https://hero.grinder-man.com/

東京都現代美術館「おさなごころを、きみに」
2020年7月18(土)〜9月27日(日)10:00〜18:00
東京都現代美術館(東京都江東区三好4-1-1)
https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/Cherish-your-imagination/